見出し画像

契約作成・締結プロセスを自動化する連携機能をAnyflowと共同提供開始

〜セールステックで営業活動以外の業務負担を軽減し、営業効率を高める体制構築を支援 〜

株式会社Prazto(本社:東京都渋谷区、代表取締役:芳賀怜史)は、プログラミング不要で複数 SaaS を連携するクラウドネイティブ iPaaS 企業(※iPaaS:integration Platform-as-a-Service)である、Anyflow株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:坂本蓮)と協業し、Anyflow株式会社の手がける製品「Anyflow」における契約作成・締結プロセスを自動化するレシピを提供開始することをお知らせいたします。

本協業により、契約作成・締結プロセスを自動化する連携機能をAnyflow株式会社と共同で作成し、Salesforce、クラウドサインにおいてシームレスにデータ連携およびプロセスの処理を自動化することが可能になります。

【提供背景】
国内における SaaS の市場規模は、2017 年度の 3871 億円から、5 年間で165%成⻑の6412億円規模へと拡大する見通しでこの数年間で急拡大しています。
Salesforce、Slack、G Suite、kitone、freee、クラウドサイン、ChatWorkなどを代表とするサービスはすでに多くの企業で導入されており、SaaSサービスの利用は一般的になりました。
導入する SaaS が増えれば増えるほど SaaS間でのデータの結合・同期などの連携に関する ニーズも高まっていきます。しかしながら、SaaS間の連携を実現するためにはエンジニア リソースが必要とされますが、多くの企業ではエンジニアのリソースは潤沢にあるわけではないのが現状です。
(スマートキャンプ「SaaS 業界レポート 2018」より )
https://boxil.jp/mag/a5170/

Anyflowの特徴である「エンジニアでなくても使えるようプログラミング不要で国内外のアプリケーションサービス(SaaS)を連携させることができ、業務効率化を行えるサービス」と、Praztoがこれまで培ってきた「様々な業種・業態・部門の課題をシステムで解決させてきたプロフェッショナル集団のノウハウ」とを組み合わせ、これらの課題の解消に向けたサービスを提供いたします。

【Anyflow 料金・プロダクト情報】
Anyflowは月額 2.5 万円から利用可能です。
詳しくは下記までお問い合わせください。
URL:https://anyflow.jp/

【会社概要】
社名:Anyflow株式会社
本社:東京都港区六本木 5-9-20
代表者:代表取締役 CEO 坂本 蓮
設立:2016 年
URL:https://anyflow.co.jp/

社名:株式会社Prazto(プラート)
本社:東京都渋谷区千駄ヶ谷 5-27-5 リンクスクエア新宿 16 階
代表者:代表取締役  芳賀 怜史
設立:2019 年
URL:https://prazto.com/

【本件に関するお問い合わせ】
社名:株式会社Prazto
担当:関口 菜々子
Mail:info@prazto.com

6
Prazto(プラート)の公式noteです。 Salesforceの伴走型の導入コンサルティングを行っています。お問い合わせはこちら→info@prazto.com

こちらでもピックアップされています

Praztoプレス
Praztoプレス
  • 4本

プレスリリース情報をまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。